FB

愛犬を骨折から守る床を徹底解剖!

f

topic

犬の骨折を防ぐためのフローリングが今人気を集めています。

多くの事業者が参入して値段もお手頃になってきています。

愛犬をケガさせないためのふろーりんぐについてまとめましたので是非参考にしてください。

フローリングの悩み

お家でワンちゃんを飼われる飼主さんのお悩みでもっとも数多いものが、フローリングのシミの問題。まだパピーで粗相をしてしまったり、また、トイレトレーニングがしっかり身についたワンちゃんであっても、ヒートの時期や老齢になると、人のように汚さぬよう、気を付けることはできません。

見た目の問題だけでなく、ニオイや衛生上の問題もあります。次いで多いものが、フローリングのキズ。一般的な合板フローリングの表木はXミリほどしかなく非常に繊細であるため、元気いっぱいなワンちゃんが駆け回れば当然、キズだらけになってしまいます。

ワンちゃんと暮らすお家の悩み、ダントツの1位は「フローリング」。多くの飼い主さんが悩まれています。

ケガについて

脱臼骨折は室内で起きている!?

ワンちゃんといっしょに住むお家のお悩み箇所、そのダントツの1位がフローリングです。ツルツルすべることによる、ケガや関節病の不安を中心に、多くの飼い主さんが「どうにかしたいが、正しい解決方法がわからない…」と、頭を悩ませています。

代表的な犬の関節病

膝蓋骨内方脱臼罹りやすい犬種:トイ・プードル、ヨークシャー・テリア、プードル、ほか

後脚の膝の骨(膝蓋骨)が内側にずれ、進行すると歩行も困難に。肥満や高いところから飛び降りた際の衝撃も原因に挙げられますが、もっとも多いのは、室内飼育における床のすべり。トイ・プードルをはじめ、多くの小型犬に見られる病気です。気づかずにそのまま放置、運動させていると、前十字靭帯断裂を併発することもあります。

椎間板ヘルニア罹りやすい犬種:ミニチュア・ダックスフンド、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク、フレンチ・ブルドッグ、シー・ズー、ビーグルなど

背骨の間にある椎間板が飛び出し、神経を圧迫する病気で、慢性的に進行する場合もありますが、ほとんどは突発性で、進行すると脚がマヒし、立つことすらできません。さらに、椎間板が神経細胞に刺さり、脊髄軟化症を発症してしまうと、一週間ほどで命を落としてしまいます。特に軟骨異栄養犬種と呼ばれる、椎間板内の水分が脱水しやすい上記の犬種は、すべる床には何らかの対処を講じてください。

股関節形成不全罹りやすい犬種:ポメラニアン、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、ボーダー・コリーなど

股関節が緩み、炎症による痛みなどで歩き方にも異常が表れます。遺伝性の発症は大型犬には多く見られますが、中・小型犬の場合は、その多くが床のすべりなどの、環境的な原因によるものです。遺伝性の場合は関節を人工のものに置き換えるなどの手術が止むを得ないケースもあり得ますが、環境を整え、関節に負担をかけさせないように努めることが、何よりの予防です。

レッグ・ペルテス病罹りやすい犬種:トイ・プードル、ヨークシャー・テリア、成長期の犬など

骨盤と接する側の大腿骨の先端が壊死する病で、特に小型犬の成長期に多く表れます。遺伝性のものとも考えられていますが、床のすべりが原因あるいは助長させてしまうケースもあります。一度かかってしまうと、治療は手術以外に方法がなく、壊死した部分を切除したり、関節を人工のものに置き換えるなどの処置を施します。

施工する場合

今はどこの会社でも「1~2週間、テープや水・薬品に注意」などの不自由もほとんどありません。

専用の機械で光をあてることで瞬時に硬化させる、光重合硬化という技術を用いた施工で、原則1日で完了が多いようです。
その日のうちに、普段どおりの暮らしができます。

施工スケジュール

お問い合わせからアフターサービスまでのながれはどこの会社も以下のような流れになっています。

※早く行いたい場合は直接担当者と話せば翌週に来てくれるケースもあるようです。

滑りの違い

実際どのくらい滑りが違うのか以下の動画をご覧ください。

対応会社一覧

愛犬の床

◆ポイント◆
・滑らない床で安全、お掃除簡単で衛生的
・獣医さんの考える理想の床を実現いたします。
・「いぬのきもち」を始め様々なメディアで取り上げられています。
・安心の20年保証です。

詳細:詳しくはコチラ

提供会社:株式会社エコテック

COLOR

◆ポイント◆
・完全自社施工
・安心の長期保証 ※アフター専属担当者もいるため対応も早いです
・高い技術力 ※業者間受注が主だったため、玄人目線で認められる技術を培えました。



詳細:詳しくはコチラ

提供会社:株式会社COLOR

ドッグランコーティング

◆ポイント◆
室内犬の床滑りが原因の脱臼や関節炎を予防する防滑性の高いフロアコーティングです。
シリコンを主成分としてした、高い防滑性と撥水性のコーティングをフローリングに施します。
シリコンのコーティングが肉球をしっかり捉え、愛犬を床滑りから守ります。
舐めても安心・安全で、塗膜が乾燥すると匂いもなくなります。



詳細:詳しくはコチラ

提供会社:株式会社Way-formation

最後に

ワンちゃんが脱臼や骨折うをすると病院などの費用も掛かります。

愛犬の事を本当に大切に思うのであればできるだけ早くワンちゃんが住みやすいフローリングや床にしてあげることをお勧めします。


明日につづく・・・

にほんブログ村 犬ブログ プードルへ

f